採用情報

福利厚生

年間休日 正職員113日 契約職員120日 月平均9~10日
育児休業 お子さまが満1歳を迎えるまでの希望の期間
介護休業 ご家族が2週間以上の期間にわたり介護が必要になった場合、通算93日間の範囲

事業所内保育園「アンデルセン保育園」

上部へ

園内の様子

朝の会

事業所内保育所として平成26年6月に開園しました。 職員の就労時間に合わせてご利用が可能です。 0~2歳のお子さんについては、連絡ノートで毎日様子をお知らせしています。

主な行事

4月 入園式
5月 子どもの日
6月 親子遠足
8月 七夕の集い
9月 運動会、敬老の集い
10月 バス遠足、ハロウィン
12月 クリスマス会、発表会

退職金

上部へ

ノテ福祉会では、退職金の制度として二本立てで加入しており、手厚くなっています。

①「北海道民間社会福祉事業職員共済会」 » 詳しくはホームページへ
②「独立行政法人福祉医療機構」 ※全額法人負担(本人負担はありません) » 詳しくはホームページへ

※契約職員(常勤者)は入職1年後の4月1日から加入となります

福利厚生施設

上部へ

職員が低額で利用できる温泉施設があります。(札幌市定山渓)

研修制度

上部へ

ノテ福祉会は、介護に関する資格や経験のない方も働きながらスキルアップしていけるよう、法人内に教育のための研修室を設置し、フォローアップを行っています。
介護の仕事は間口が広く、「人の役に立ちたい」という思いがあれば誰でも飛び込める職種です。しかし現場で経験を積むに従い、様々な知識・技術が必要であることを痛感すると思います。
そうした職員ひとりひとりに合わせ、徐々に必要なスキルを身につけられるよう、体系的な研修制度が設けられています。

介護の仕事を考えている皆さんへ

■新任・若手職員研修

新卒や中途採用、また職種を問わず採用時研修を実施しています。当法人の理念や沿革、職業倫理、就業規則、高齢者虐待、身体拘束等について学習し、理念に基づいた意図的な介護の実践を目指します。 根拠をもとに適切なケアを実践できるよう「心身の仕組みを活かした介護技術の基本研修」をはじめ、介護に必要なコミュニケーション技術や、基本となる心と身体の仕組みなどを学びます。

■中堅職向け研修

「認知症介護実践者研修」や「介護技術インストラクター養成研修」、「介護職員等による喀痰吸引等の研修」等を通じ、医学的心理的な理解を深め、より質の高いケアを提供するためのスキルを身につけます。介護を受ける人の権利擁護の視点を持ち、制度の理解と適切な実践を目指します。

このほか管理職養成研修や、職員個別のスキルに合わせた海外研修参加の機会もあります!

■エルダー制度

新採用・中途採用問わずノテ福祉会に入職した職員には、担当の先輩職員がつきます。日々の業務に関する悩みや相談、疑問などを一緒に考えサポートします。

■正職員登用制度

・契約職員

介護職員初任者研修修了者 もしくは ヘルパー2級 以上保持者 + 登用試験合格 → 正職員(一般職登用)
※登用時において60歳未満であること。 多くの職員が正職員登用されています。

・一般職→総合職

介護福祉士資格取得+総合職登用試験合格 → 正職員(総合職登用) ※登用時において50歳未満であること。


平成26年度法人共通研修


平成26年度インストラクター研修

採用情報

ページ上部へ