施設・事業紹介

特別養護老人ホームとは

戻る

 一般的に「特養」とよばれる介護保険施設です。概ね65歳以上の身体又は精神上に障害があり、日常的に介護が必要な要介護3以上の方が対象です。特養では、施設介護サービスに基づき、入浴・排泄・食事などの日常介護や援助、機能訓練などを行います。特養も多様化しており、従来型といわれる多床室タイプと、ユニット型といわれる全個室タイプのものがあります。利用料金は、本人の所得状況によって異なり、ユニット型では個室料金がかかります。
 また、「地域密着型特別養護老人ホーム」は、入所定員が29人以下と小規模で、原則として事業所の所在する市町村の住民を対象としているため、住み慣れた地域での生活を続けられることを目的とした新型の特養です。

関連施設 幸栄の里  「幸栄の里」つきさっぷの丘  ふるさと  とよひらの里
乙部町立特別養護老人ホーム おとべ荘 
特別養護老人ホーム とみざわの里

施設・事業紹介

ページ上部へ